想像できることを
するのなら、
この会社に
入った意味はない。

製造部 生産技術課2014年入社徳田 真

CAREER

入社のきっかけと、現在までのキャリア「5軸加工がしたい」
という
強い思いを
持って入社。

工業高校を出て、地元のものづくりの学校へ。その学校でこの会社の求人票を勧められたのが、大日製作所との出会いです。学校でもずっと「5軸制御のマシニングセンターを操作したい」と言い続けていたので、5軸加工がメインのこの会社を紹介してもらったのだと思います。だから、入社してからこれまでずっと楽しいですね。ちなみに、入社1年目の最初は複合旋盤を使用しての機械加工でしたが、古い旋盤を自分なりに改良したり、プログラムを勉強したり、それはそれで面白かったですし、複合旋盤のすぐ隣に5軸制御のマシニングセンターが置いてあって先輩が作業をしていたので、ちょいちょい見に行っては話を聞いていました。そうしたら、1年目の後半くらいから「ちょっと手伝ってくれ」と言われるようになって、「よし、狙い通り!」と思いましたね(笑)。そして、2年目以降は正式に5軸加工を担当するようになり、今も毎日触っています。5軸加工は本当に面白いんですよ。自由度がある。知れば知るほど「こんなこともできるのか」という発見があって、自分の発想次第で新しいものをどんどんつくることができるんです。楽しくて仕方ないですね。僕にとっては最高のオモチャです。

挑戦

今挑戦していること、その壁思い通りに
いかないからこそ、
挑戦する価値がある。

仕事はいつも、社長が一枚の図面を持ってきて、「これ、できるか?」と聞いてくるところからスタートします。航空機の熱交換器やガス圧縮機のタービンブレード、ロボットのアーム部分…。業界も製品もバラバラですが、「加工機械に載るんなら、できると思いますよ」と毎回、軽く返事をするのですが、いざ、加工してみると思い通りにいかない(笑)。でも、だからこそ、面白いんです。自分が「こうして、こうしたらできるのでは」と予測通りに仕上がるなら、つまらない仕事ですよね。思い通りにいかないからこそ、自分が挑戦する価値がある仕事だと思っています。ちょっと偉そうに感じるかもしれませんが、飲み会の席で社長と話をするときも、「想像できることをするなら、この会社に入った意味はないと思っています」とはっきり言いましたから(笑)。でも、ここまでは本当に毎回、新しいことにチャレンジさせてくれる。自分にぴったりの会社に入ったと思っています。それから6年目となる現在は、機械加工の仕事から、生産技術と開発の仕事へとメインの挑戦の場を移しました。生産技術の仕事では、個人の技術レベルによるところが大きい機械加工を、個人のつくり方から会社のつくり方にどう変えるかということに挑戦しています。ひとつひとつの加工をより深い部分から考え、それをノウハウとしてまとめ、仕組み化しているところです。開発は大日製作所発の製品や生産技術を生み出す仕事。通常はお客様先から図面が届くのですが、開発の仕事ではその図面自体を描くところから仕事が始まります。設計する難しさを日々痛感していますが、この仕事もまた面白いですね。

ATTRACTION

今後、会社の魅力ものづくりがしたい人には最高の会社だと
思う。

大日製作所は、自分が主体となって仕事に取り組める会社。ものづくりが好きな人には最高の会社だと思いますよ。僕自身、履歴書の趣味の欄に「機械加工」と書いてしまうくらいものづくりが好きなのですが、その僕が毎日飽きることなく働いているのですから(笑)。でも実際、仕事だから考えるというより、楽しいから考えるといった感じで24時間365日、機械加工のことを考えているかもしれません。だから、これから入社してくる人たちも、自分なりに考えて、自分なりに形にして、失敗も含めて、その途中過程もすべて楽しめる人に来てほしいですね。結局、人の数だけつくり方はあると思うので、それぞれのつくり方をみんなでぶつけ合って、よりよくできる会社にしていきたいと思っています。自由度の高い5軸制御マシニングセンターもたくさんある。社長は次々と新しい課題を持って来てくれる。そして、自分自身で考えながら仕事ができる環境がある。ものづくりでチャレンジしたい人にはもってこいの会社だと思います。

PEOPLE

先輩たちの
これまでとこれから

この惑星に
まだないものづくりを。

さあ、この次は宇宙だ。
私たちは、技術へのあくなき探究心と自分自身の成長への向上心を持ち、
この惑星にまだないものづくりに一緒に挑み続ける仲間たちを求めている。

ENTRY